外壁塗装をするタイミングはいつか

外壁塗装は外壁に塗装をすることで外観を綺麗にするのと、雨風を防いで家自体を守るためにするものです。
しかし外壁塗装は一時的なものであり、しばらくすれば剥がれて再び塗装をしなければいけなくなります。
そうなると家の外壁に問題がない状態でしてしまえば、費用だけが無駄に消費されてしまうことになります。

しかし外壁塗装はできるだけ早めにしなければ気づいた時には塗装では手遅れということになってしまうこともあります。
では適切にするためにはどういうタイミングで外壁塗装を行えばよいのでしょうか。

タイミングとしては外壁に何かしらの変化が出た時となります。
1つとしては外壁自体にヒビが生じた時です。
もちろん物理的に衝撃を受けたことで生じたものではなく、衝撃を受けたわけでもないのに生じた場合です。

しかし衝撃を受けた場合でもヒビの度合いが酷い場合には外壁の劣化が進んでいる可能性があるため、外壁塗装をするタイミングであると判断することができます。
ヒビの具合に関しては小さいものでもところどころにできてきた場合にはそれだけ劣化が進んでいると見ることができます。

ヒビではなく外壁自体に剥がれが見られた時もそうなのですが、このケースの場合には塗装をしても無駄になってしまう場合があります。
塗装だけで間に合うかどうか、業者に実際に見てもらったり、意見をもらったりして判断をしましょう。

カビや藻が発生した時もそうです。
特にこの2つは太陽の光が届かない湿気が溜まりやすい環境の場合に起こりやすく、対策をしないとカビの場合は外壁だけでなく内部にも害をもたらす場合があります。
何よりどちらも発生していること自体が壁の防水効果が弱っている証明ともいえます。

他には外壁に触ってみて、手に外壁の粉が移ってしまった場合にも塗装をするタイミングとなります。
外壁の粉が手に移ったということはそれだけ劣化しているという証拠であるからです。
ある意味一番分かりやすいタイミングなので、定期的に外壁に触れましょう。

 

スポンサードリンク
外壁塗装横浜/実績、評判、無料相談はこちら