集合住宅の水漏れ

・集合住宅の水漏れに注意

集合住宅の場合、一戸建てよりも水漏れには注意を払う必要があります。
なぜかと言いますと、自宅の水漏れが周囲への迷惑になるやも知れず、また反対に他所の水漏れで自宅が迷惑を被る可能性があるからです。
たとえば集合住宅で床が水浸しになるほどの水漏れが発生した場合、下の階の天井から水が滴り落ちてくるというケースが考えられます。
そのような事態になってしまったら、双方が納得できるようにお互いに話し合う必要があります。
構造上の欠落ではなく、不注意で水漏れを発生させた場合はもちろん謝罪をしなくてはいけません。
管理人も交えて、話し合いをしましょう。

・水漏れがあったらすぐに連絡

被害を最小に防ぐためにも、水漏れを見つけた場合はすぐに修理業者に連絡をしましょう。
すぐに連絡をすることができるように、あらかじめ修理業者の連絡先をどこかに控えておくことが必要です。
修理業者だけではなく、他のお宅への被害が無いかどうか管理人にも連絡をしておきましょう。
また天井から水が滴り落ちてきた時は、すぐに管理人に連絡をして上の階の住人とコンタクトを取ってもらいましょう。
水滴は、バケツで受け止めることで床や物が濡れるのを防ぐことができます。

・水漏れで賠償は発生する?

水漏れが酷いと、他所のお宅の家電や家具を壊してしまうということも考られます。
電化製品は水に弱く、また壁や家具にもシミを作ってしまうことになりかねません。
もし水漏れの原因が不注意だった場合は、その弁償をしなくてはいけなくなるでしょう。
またそれだけではなく、水道管の破裂など自分に非が無くても責任を被らなければいけないケースもあります。
こうしたことは集合住宅ごとの管理規約で定められていますので、よくチェックしておきましょう。
また、火災保険には水漏れ事故に適応しているものもあります。
集合住宅に住んでいて水漏れによる賠償を防ぎたいのなら、そうした保険に加入をすることも検討してみましょう。

 

 

名古屋 水漏れ 修理
マンションの水漏れ事故の事例と誰が責任をとるか?