簡単にできる電気代の節約方法

考え直したい電気の使い方

お金がない時に見直すべきなのが、電気の使い方です。

電気の使い方に無駄があるとその分電気代が高くなってしまい、家計を圧迫してしまうことにつながります。

節約する方法は数多くありますが、するかしないかによってかかる金額は大きく違ってきます。

自分の生活に負担をかけることなく、無理なく行いながらも節約できる方法を行っていくことで貯金のできるお金を増やすことができるようになります。

無理なく大幅に節約できる方法としては、まずアンペア数を下げることがオススメです。

電力会社によって異なりますが、契約アンペア数を変更することによって月約200〜250円も安くすることができます。

参考→ネオコーポレーションという会社について

家庭によっては5000円以上に違いが出てくるケースもあります。

アンペア数はもともとエアコンとドライヤーを同時に使うとブレーカーが落ちる程度が良いとされています。

ブレーカーをいちいち直すことが面倒ですので、自然に電気の使い方も注意するように体を習慣づけることができます。

現在契約しているアンペア数は電気料金の請求書や明細書でわかります。

それをチェックして、自分のライフスタイルを見直して多ければアンペア数を下げていきます。

待機電力をカットすることも簡単な方法

待機電力をカットすることも簡単な方法です。

一ヶ月にかかる電気量の約10%は待機電力になります。

テレビなどの家電製品はいつでも使えるように電気を落としていてもコンセントにつながっていれば家電製品にいつでも微量の電気が流れています。

これを待機電力といいますが、こまめにコンセントを抜くことでも効果があります。

しかし、コンセントを抜くのが面倒臭いという人向けのスイッチ一つで待機電力をカットすることのできる節電タップなども販売されているため、それを利用することで簡単に待機電力をカットできます。

夜間割引サービスを利用するのもオススメです。

夜間割引サービスとは、各電力会社が行なっている夜の23時〜朝7時までの電気料金が70%ほど安くなっているサービスです。

それ以外の時間帯では料金が割増しされてしまいますが、日中誰も家の中に人のいない一人暮らしや共働き世帯、夜に電力たくさん消費する人に向いているぷたんと言えます。

最近ではタイマーを使って安い時間帯の夜に洗濯機や乾燥機を利用したり、料理などを行うことによって安く家事をすることができます。

ただし、電気料金は電力会社によってプランが異なるため、利用するときには利用している電力会社のホームページなどで確認することをおすすめします。

工夫次第で電気を抑えられる

家電も使い方を工夫することによって、電気を抑えることができるようになります。

冷蔵庫も、簡単に電気料金を引き下げることのできる家電です。

基本は「冷蔵庫はスペースを空けるように、冷凍庫はぎっしりと」になります。

何度も開け閉めする冷蔵庫部分は冷気が逃げてしまいやすく、また冷やすために電気がかかります。

そのため開けっ放しや何度も開け閉めすることをやめるのも効果的です。

冷蔵庫の中にカーテンをする人もいますが、もともと冷蔵庫はカーテンをつける設計にはなっておらず、逆に電気代が上がってしまうこともあるためカーテンはつけないほ方が無難といえます。

また、温度調節機能は「高」から「低」にすることだけで20%は電力を抑えられるとされています。

冬場は「低」にし、気温の高い夏は「高」するなどの季節に合わせて調整することで雑菌を繁殖を防げます。

冷蔵庫は壁から少し離すことで熱がうまく逃げることができ、電力消費を抑えます。

照明はLED電球に変えることがオススメです。

この電球は電力の消費が少ないのが特徴です。

また、照明は綺麗に磨いておくことで明るくなります。

エアコンは適切な温度設定にすることを心がけます。

冷房は28度、暖房は20度にすることで年間2000円ほどは抑えられると考えられています。

それでも暑いという場合には、扇風機などを併用することで快適に過ごせます。

また、エアコンのフィルターは汚れやすく健康のためにも2週間〜1か月に一度程度は掃除機で吸って掃除をすることでよりエアコンの機能を良くすることができます。

室外機には専用のカバーをつけ、直射日光が当たらないようにすることで無駄な電力を使わずに済みます。

エアコンは電源をつけるときに電気が多くかかるため、こまめに消したりつけたりを繰り返すと消費電力が上がります。

暑くなったから暖房を切る、という使い方をするのではなく自動運転にすることで適度で快適かつ節約できる使い方を行えます。

電力会社が行なっているサービスを利用したり、家電の使い方を知ることによって電気代は節約することにつながっていきます。

エアコンは温度設定や室外機の環境、自動運転などを使えば省エネにつながり、冷蔵庫はよく使うものを手前に置いて、探しやすいように整理整頓を心がけることによって開け閉めを短くすることになります。

照明もこまめに消すことだけでも節約につながるため、一度自分の電気の使い方を見直してみることが大切です。