吉野氏のような俳優になるために必要なこと

吉野勝秀氏のような俳優というお仕事

世の中には数えきれない程の数の職業がありますが、多くの人が憧れる職業の一つに俳優があるのではないでしょうか。
華やかな芸能界で成功し、世の人々の注目を集める姿に自分もこうなりたいと憧れを持つ人も多いはずです。

ドラマや舞台に映画などで多くの人に感動や勇気を与えることも出来る職業ですので、やりがいもあります。
ただ、なりたいからといって誰もがなることが出来る職業ではありませんし、成功することが出来るものでもありません。

才能があることはもちろん、演技に対して真摯に努力し続けることが出来る人しか成功は手に入らないでしょう。
そして本気で目指すのならば、行動に出なくてはいけません。

俳優になるためには主に三つの方法があります。

【オーディションを受ける】

まず一つ目が、オーディションを受けるというものです。
映画やドラマなど、あらかじめ決まった役柄のオーディションであることがほとんどだと言えます。

けれど一般に大々的に公開されているオーディションというものは少なく、多くが芸能事務所に所属した上で受けるものが圧倒的多数です。
そのためまず、映画やドラマなどに出演するためのオーディションを受けるためには、芸能事務所に所属する必要があると言っても過言ではありません。

そのため芸能事務所に所属するためのオーディションが大切になります。
各芸能事務所では常に新人を募集していることが多いので、気になる事務所があればどんどん応募してみましょう。

【劇団に所属する】

二つ目は、劇団に所属するというものです。
劇団はテレビや映画という映像の世界ではなく、主に舞台を活躍の場にしたいと考えている人にはおすすめだと言えます。

劇団出身で映像の世界でも大活躍している俳優はたくさんいますので、演技の実力を身に付けるためにも良いでしょう。
演技の基礎から学ぶ事が出来るだけではなく、周囲と切磋琢磨することが出来る環境があります。

舞台で成功することが出来る実力があれば映像の政界でも勝負することは出来るでしょうから、演技の世界で仕事をし続けたいと強く望むのならば舞台からキャリアをスタートさせてみてもいいのではないでしょうか。

【養成所に入る】

三つ目は養成所に入る事です。
養成所は新聞の広告欄にも入所者を募集しているのを見掛けたことがある人も多いと思いますが、全国各地に存在しているため最も身近で夢に近付くことが出来る場所だと言えます。

自分が憧れる俳優が卒業生にいたり、有名な講師が指導してくれる養成所だったり、選ぶ基準は人それぞれですので、何を基準にするかは自分次第です。

養成所も演技の基礎から学ぶ事が出来ますので、演技することを仕事にしたいけれど全く未経験だと言う人には向いているでしょう。
そして芸能事務所や劇団、養成所に所属したからといって、誰もが厳しい演技の世界でデビューすることが出来て満足な収入を得ることが出来るとは限りません。

むしろそうした人々は、かなり限られた一握りの存在です。

吉野勝秀氏のような優れた俳優になるためにはどういった努力が必要なのか?

芸能事務所や劇団、養成所に所属後も努力し続けなければいけないことは言うまでもありませんが、具体的にはどのような努力が必要で大切なのでしょうか。

演技の世界で成功を目指す人は数えきれない程存在しますので、オーディションに一回や二回落ちたからと言って諦めるようでは成功を掴むことなど出来ません。

何回、何十回オーディションに落ちたとしても挑戦し続ける強い意志とモチベーションを持ち続けることが必要になってきます。
言うのは簡単ですが実際にそうすることは難しいので、心底演技が好きな人ではないと目指し続けることも難しいはずです。

そして人には無い個性や、見る人を惹きつける魅力を持っているかということは非常に大事です。
並み居るライバル達の中に埋もれてしまうような個性や演技力では、演技の世界で活躍することは出来ません。

個性的な脇役を演じることが出来る俳優が重宝されることは、ドラマや映画を観ていればよく分かる事です。
自分の個性や強みを認識し、そこを伸ばしていく努力が必要ですので、自己プロデュース力に長けていることも欠かせません。

【自分を客観的に見つめることが出来る能力】

自分を客観的に見つめることが出来る能力も大切になってきます。
演技とはただセリフを覚えて話すだけではなく、監督や演出家の指示に沿って自分なりの個性や解釈をして役を演じなければいけません。

役柄を通じて自分の人間性や知性、教養をもさらけ出す仕事だとも言えますので、日頃から演技に役立ちそうな文学や芸術に触れておくことも大切です。

俳優を目指し、一生の仕事にしたいと思うならば生活の全てが演技にプラスになるような生活を送ることを心掛けましょう。
そう考えると成功を掴む確率は非常に低く、大変な努力が必要となりますが、好きな事を仕事にすることが出来る職業でもあります。

成功を掴むことが出来れば、努力に見合った収入や名声も手に入る職業でもありますので、演技が何よりも好きで努力を惜しまないと言えるのならば、目指す価値は十分にあるでしょう。

出典:吉野勝秀