犬の飼育を始める前に確認すべきこと

犬の飼育を始めるには、準備と確認が必要

犬の飼育を家ですることは家族の了解や部屋の広さなどさえクリアすればそこまで難しいことではなく、一人暮らしの人でも簡単に飼うことができます。

もう1人の家族として受け入れているケースが目立っており、飼うことのハードルは今までに比べれば家族内では下がっていますが、それは家族の中での話であり、それ以外の人のことを考えると闇雲に検討し始めることは躊躇しないといけません。

万が一、犬の飼育を始めてから手放さざるを得ないことになれば、家族と強制的に別れるような感覚になり、精神面で取り返しがつかないことになります。

そうならないためにも確認が必要です。

犬の飼育が出来なくなるケース

まず確認しておきたいのは、犬の飼育が出来なくなるケースです。

よくあるのはペット禁止のマンションです。

バレないだろうと思って飼い出しても、案外すぐにバレてしまうものです。容赦なく鳴き声を出すのが動物であり、部屋の中であったとしても周囲の人は勘づきます。

また動物特有の匂いなどもあるので、早々にバレてしまうのがオチです。

特にペット禁止のところは、万が一その事実が発覚すれば更新が出来なくなる恐れが出てきます。

ペットと暮らすことはおろか、自分たちもそこから出ていかなくてはならなくなってしまうために、禁止されていればそれに従うしかありません。

家族がアレルギーを持っていることが発覚するケース

実は家族がアレルギーを持っていることが発覚するケースもあります。

花粉症に関する血液検査をすると他のアレルギーに関することも知ることができます。

すると動物に関するアレルギーの有無がわかり、犬アレルギーということになれば飼育することはほぼ不可能です。

アレルギーがあることで息苦しさを感じることもあり、なぜこのような息苦しさを感じるようになったのかわからない人もいるほどです。

血液検査を受けてその原因がわかってホッとする一方、そのことがきっかけでお別れすることも何とも忍びないものがあります。

事前にアレルギーがないかを確認することも大事な要素です。

これらのことは事前に調べればわかることで、しつけの問題やクレームの問題はその後に考えていけばいいことです。

どこで犬の飼育を行うかを検討しておく

次に検討しておきたいのはどこで犬の飼育を行うかです。

一戸建てであれば家の外という選択肢もありますが、マンションとなるとなかなかそういうわけにはいきません。

ゲージを購入してその中に入れることもそうですが、トイレの問題なども考える必要があります。

最初に場所をある程度決めておき、その中で検討していけば臨機応変な対応もできるようになります。

そこまでの計画性があってようやく暮らしやすい環境を整えられます。

どこでペットを調達するかも大事ですが、入手先によって気をつけるべきことが変わってくるのも事実です。

一般的なのはクーアンドリクなどのペットショップですが、その場合にはペット自身のコミュニケーション不足が問題になることがあります。

売り物として存在するため、大切に扱われているのは間違いありませんが、しつけを一からしていくような形になっていきます。

大切にわが子のように扱えるような家であれば大丈夫ですが、そうしたことがあまりできないようなところでは悪影響が出てしまうこともあります。

保証などがあるために、多少お金を出しても損をするようなことにはなりません。

動物愛護団体から譲り受けることもおすすめです。

理由は、去勢手術をしていることが多く、しつけに関する講習会に参加することが譲渡の条件になっていることがあるためです。

一方で犬の中には長年劣悪な環境で飼育され、そこから動物愛護団体に引き取られたような経験を持つ子もいます。

人に対する警戒心が強く、しつけに苦労がかかることもあります。

とはいえ、無料で引き取ることができる場合が多く、お金をできるだけかけずにペットを飼いたい場合にはおすすめです。

また、何匹も赤ちゃんが生まれて困っている一般家庭から譲り受けるケースもあります。

強制的に別れることになるのを防ぐために準備が必要

ここまでのことをして、ようやく迎え入れる態勢が整ったと言えます。

裏を返せば、そこまでの準備をしないといけないということです。

勢いで飼おうと思っても、結果的に困難な理由に直面して悲しい思いをすることもあります。

そんなことにはならないよう、何をすればいいかをあらかじめ調べて、1つずつクリアしていくことが必要です。

もちろんそれをクリアすればすべての問題が解決されるわけではありません。

今後飼い始めて色々な問題に直面します。

その際にも臨機応変な対応が必要になっていきます。

確認する必要があるのは不勉強なことによって強制的に別れることになるのを防ぐためです。

そうなってしまえば、子供であれば深い心の傷を負うことになってしまいます。

取り返しのつかない深い傷を負わせないためにも、大人が率先して調べることが大事です。

そして、自分の責任で飼う事ができるようにし、誰にも迷惑をかけずに飼い続けられれば最高であり、充実した生活を手に入れることができます。