michinari のすべての投稿

雛人形の基礎知識

⒈雛人形とは

雛人形は、女の子がいる家にある人形ですがもともとは女の子の無病息災を願ってつくられたものです。
ひな人形の恰好を見てもわかるとおり服装は平安時代のものになっています。

特に7段飾りの場合には、当時の時代背景がよくわかるようになっているのがポイントになります。
ですが、平安時代から7段飾りがあったわけでもなくあのような立派な人形があったわけではありません。

昔は、非常に簡素な人形がもちいられていたとされています。
現在のように、本格的に作り込まれたようなものではなく、川に流しても特に問題ないようなものが多くありました。

そもそも、当時細かな作り込みをするほどの技術はありませんでしたし、そこまで本格的に購入する人もいなかったわけです。

平安時代には、無病息災を願い悪い病気がつかないようにと川に流していました。

あのような高価なものを川に流してしまうとはもったいないと考えるかもしれませんが、実際にはもう少しやすい作りのものですのでそれほどもったいないこともないでしょう。
仮に、ひな人形が高かったとしても代り流すことで子供の命が救われるとすれば川に流すことを選択したはずです。

⒉現代人は何でも科学的に証明しようとしている

このように考えると、迷信を信じるのは馬鹿らしいと考えるかもしれません。
確かに現代人は、形のないものを信じない傾向があります。

例えばお化けあるいは心霊現象、それ以外でも名前の画数や名前の由来などもあまり信じない傾向があるわけです。
なぜかといえば、何でも科学的に証明しようとしているからでしょう。

人によっては、科学的に証明されたこと以外は一切信じないと考える人もいます。
そのような人は、基本的に無宗教なはずですが中には宗教をやっていることもあり矛盾している状態になるでしょう。

注目
ただ、科学的に証明されるっていないことの方が多く、むしろ非科学的なことは実際に起こりうると考えるべきです。

例えばひな人形を川に流したら本当に病気が治る可能性も高くなります。

いずれにしても、信じる者は救われると考えるべきで、むげに非科学的なことを否定する必要もありません。
そもそも科学的に証明されていることは非常に少なく、確実に後れを取っているといえます。

⒊すべてを科学的に考えるのは非常に滑稽なこと

例えば、空を飛び始めたのは今からおよそ150年ほど前になります。
日本で言えば江戸時代が150年ほど前ですが当時アメリカでリンドバーグ兄弟が初めて飛行したとされています。

一説によれば、その前に日本人が施行したとの説もありますが、長時間飛行したのはリンドバーグ兄弟が初めてになります。
ですが、冷静に考えてみれば人間以外の鳥などは150年よりもはるか昔から空を飛んでいるわけです。

数100万年前から空を飛んでおり、人間よりもはるか先に言っているといえるでしょう。
このように考えれば、人間の作ったものすごいかもしれませんが科学が発達しているかといえばそこまで発達していません。

いまだに宇宙がどこまでやるかわかりませんし、火星旅行なども実現していません。
空飛ぶ飛行機もなければ不老長寿の薬なども存在していないわけです。

そうだとすれば、すべてを科学的に考えるのは非常に滑稽なことと言えるかもしれません。
いずれにしても、昔の人は科学的なことを信じるわけにもいかず、非科学的なことを信じそれを熱心に実行していたわけです。

⒋本格的に人形の作り込みがされたのは江戸時代から

このような流れがあるものの、ひな人形は少しずつ形を変え飾り物としての地位を確立させていきました。
本格的に人形の作り込みがされたのは江戸時代からになります。

例えば、人形の町として有名な埼玉県岩槻なども江戸時代ぐらいに創業されたを店が多く残っていますが、やはり当時の技術があれば立派な雛人形ができたといえます。

現在でも、手作りで作っているところも多く値段もそれなりにします。
例えば両親から送られてくるひな人形ですが、お内裏さまとお雛様一体ずつのものであれば\50000以上が\100000以内で購入することができるわけです。

逆にそれぐらいのお金を出さなければ購入することができないといえます。
もちろん中には安いものもあり、それを購入しようとする人もいますが、やはり贈り物になるとそれなりの金額を出したがる人が多くなります。

7段飾りなどは、50万円ぐらいするものも少なくないためあまり所有している家庭はありません。
ただ、3段飾りぐらいのものは大きさもそれほど大きくないため所有することができるでしょう。

ひな人形を飾るときには、とくに方角などもありませんが部屋の中で明るいところに飾っておく必要があります。
わざわざ部屋の暗い所にかかっていても健康をそこねてしまう可能性が考えられます。

もし、壊れてしまった場合などは捨てる必要がありますが、この時には人形ですのでお払いなどをしてもらった方がよいでしょう。
人形には魂がこもっているといわれますが、おはらいをすることで人間と同じように魂も浄化され捨てても問題なくなるわけです。

東進の特徴について

⒈ハイスクールと衛星予備校がある東進

予備校の一つとして有名講師やテレビCMでおなじみの東進を選ぶ人も多いことでしょう。
東進にはハイスクールと衛星予備校と呼ばれる二つの種類が存在しています。

この両者の違いについてよくわからないという人も多いものです。
簡単に言うと直営校舎かどうかという違いです。

ハイスクールは本社が直営している校舎で、一方の東進衛星予備校MSGは本社が運営しているわけではなく、そのほかには別に校舎のオーナーがいてそのオーナーが経営しているものです。

本社はオーナーに映像授業や教材を提供しているだけということになります。
この二つにどのような違いがあるのかというと、学習面においても費用面においてもそれほど違いは見られません。

どちらも映像授業を受けながら、勉強を進めていくシステムとなります。
しかし校舎の規模には大きな違いがあり、ハイスクールは規模の大きな校舎が多い特徴がありますが、衛星予備校の校舎は比較的規模の小さいものがほとんどです。

これにより衛星予備校の場合にはハイスクールよりも生徒数が少ないので、丁寧な指導が行われやすいと言えるでしょう。
反対にハイスクールは直営校舎なので、講師のライブ授業をうけることができたり、衛星予備校よりも先に新しいシステムが導入されることもあります。
校舎の規模が違うことでサービスの質や種類などには少しの違いはありますが、根本的にはどちらも同じと言って間違いはありません。

⒉東進の映像授業について

東進の特徴の一つに映像授業が挙げられます。
東大特進コースを除き、授業はすべて1コマ90分の映像授業が取り扱われることになります。

授業は1講座20コマの通期講座、そして1講座5から10コマの講習講座の2種類が存在しています。
通期講座と呼ばれるものは1年かけて受ける授業を指します。

一方で講習講座は夏期や冬期の講習といえば分かりやすいでしょう。
各講座は12段階にレベル分けされていて、自分のレベルにあった授業を受けられるようなシステムとなっています。

授業が終ったあとには確認テストと呼ばれる10分ほどのテストがあり、これにより授業内容がしっかりと理解できているのかをチェックすることになります。
確認テストで合格しなければ、次の授業に進むことはできません。

さらに授業を受け進めていくと、それまでの授業のまとめの復習をするための修了判定テスト呼ばれるものをうけなければなりません。
この判定テストは90分間で、確認テストよりも発展的な内容となっています。

しかし終了判定テストは合格点に達していなくても次へと進むことは可能です。
このように映像授業を受ければ終わりというわけではなく、確認テストや修了判定テストなどが実施されることで、知識が定着することにつながります。

⒊東進は講師陣がハイレベル

そしてハイレベルの講師陣も東進の大きな特徴といえるでしょう。
映像授業を受け持っている講師陣の実力は業界トップレベルと言えます。

なぜこのような優秀な講師が集まるのかというと、それはほかの塾や予備校から講師の引き抜きを行っていることによります。
ほかの塾や予備校などで評判がよかったり、実績を上げたりした講師がいたら常にスカウトに努めています。

このように講師の引き抜きを行っているので、パンフレットを講師を見てみると毎年講師の顔ぶれは異なります。
このように優秀な人材を集め、さらにはその中で競争化を図ることによって、常にトップレベルの講師が在籍するようなシステムがとられています。

そして東進だけのシステムとして、グループミーティングと呼ばれるものがあります。
これは入塾後毎週行われるもので、映像受講予定から参考書のペースなど1週間の受験勉強の計画を決めていくものです。

グループミーティングで面談をしてくれるスタッフのことを担任助手と呼んでいますが、この担任助手は東進で勉強して志望校に合格した大学生が担っています。

グループミーティングでは実際に受験勉強した経験を生かし、勉強計画のアドバイスが受けられることでしょう。
このグループミーティングではほかの生徒とも一緒に面談を行うことになります。

⒋高速基礎マスター講座と呼ばれる独自の講座も

担任助手一人に対して、生徒は2人から6人ほどで面談をすることになるので、学力が同じレベルの生徒同士で面談を行うことになるため、良い刺激になるとも言えます。

このグループミーティングはほかの塾や予備校にはないシステムであり、最大限に活用することで、受験勉強においては大きな利益を得られることは間違いありません。

最後にここでしか受けられることのできない英単語暗記システムがあげられます。
一般的には英単語を覚える際には、単語帳などを使い黙々と覚えていく人が多いことでしょう。

しかし高速基礎マスター講座と呼ばれる独自の講座があります。
この講座はパソコンやタブレットなどを使い選択肢形式の問題を答えながら英単語を覚えていく講座です。

英単語だけではなく英熟語や日本史など様々な種類の単語や用語を覚えることが可能です。
数あるサービスの中でも、一押しのサービスの一つと言えるでしょう。

お年寄りの家がゴミ屋敷に陥るのはなぜか

⑴ゴミ屋敷のイメージ

捨てられない女という形でテレビなどでは多くの女性が自分の部屋をゴミ屋敷にしてしまう光景が放送されています。
こうしたイメージから20代や30代の女性を中心にこうしたことが起きているのだろうと思いがちですが、確かにそうした傾向にはあるものの、半分正解はしつつも半分不正解のような状況です。

なぜなら、20代や30代の女性だけに特化した問題ではないからです。
むしろ、60代以上のお年寄りが自分の家をゴミ屋敷にしてしまうケースがよく見受けられます。
ここで大事なことはなぜそうなってしまうのか、それを防ぐ対策はあるのかです。

ゴミ屋敷のイメージといえばだらしがない人、おかしな人など一般的な感覚で考えるとあり得ない人というイメージがあります。
実際にワイドショーなどで十人に話を聞いてみると普通の会話があまり出来ないような人が出てきます。

もちろんああいう人もいますが、その実態はテレビで映し出される光景とは別であることが多いです。
誰しもが自分の家をゴミ屋敷にしてしまうという事実があり、それを理解しようとしない部分があります。
だからこそ、家族が実際に部屋を汚した場合に怒りに近い感情を抱きますが、ちょっとしたきっかけで誰しも同じことをやってしまうものです。

⑵捨てたくても捨てられない

お年寄りがゴミ屋敷にしてしまう理由としては捨てたくても捨てられないという問題があります。
部屋をきれいにするために掃除をしても、ゴミを入れたゴミ袋を外に出さなければ話になりません。

ところが、このゴミ袋を捨てに行くという作業が年齢を重ねるうちに出来なくなっていくのがポイントです。
ゴミ袋が重なっていくうちに段々ときれいにしようとする意欲も薄らぎます。

結果的に掃除をしなくなり、どんどんとゴミ袋が増えていき、その上にゴミがたまっていくような状態になります。
家族に捨てに来てもらうことも頼めず、段々とそうなっていくものです。

次に見られるのが判断力が鈍るという部分です。
今でこそ物にあふれ、100円ショップで気軽に何でも買える時代となっています。

壊れたらすぐに捨てて新しいものを買うという発想は最近の世代の発想であって、以前の世代の人は壊れても直しつつ使っていくことを美徳にしていました。

そうなると、生活の中で出てきたゴミや洋服などに対し、簡単に捨てるという判断が出来なくなります。
よくありがちなのは、これはどこかで使えると言いながら物にあふれて部屋を汚くするケースです。
こうしたことは性格の問題もありますが、世代間でも大きな差がある部分です。

⑶ゴミの分別の問題

今の世代でも結構面倒な部分としては分別の問題があります。
黒いポリ袋に入れて適当にゴミを出せばいいという時代は終わり、半透明の袋にゴミを分別させていくことが当たり前となっています。

以前に比べるとそうした動きは減りつつありますが、それでも分別に色々と手間暇をかけることになります。
これが面倒になって何も出来なくなり、結果的にゴミであふれ返ることがあります。

実家に帰るとこれはこのゴミとうるさく言ってきた母親が、ある日を境に急に何も言わなくなったという話がありますが、老化現象といっていいかもしれません。

これらをきっかけとして実家がゴミであふれ返ることになりますが、もう1つあるとすれば以前も同じことをしていた場合です。
自分の父親や母親が実家を汚していた場合、ほとんどの家族はそれに怒りを覚えるか哀れむ感情を抱くか、そのどちらかです。

少なくともこの状況を喜ぶ人はいません。
接し方を間違えることでまた同じ状況になった場合に、執拗に怒られるかもしれないと思ってしまって助けを借りることが出来ないという部分につながる可能性があります。対応を間違うとそのリスクを増すかもしれないのが注意点です。

⑷否定的な言葉を言わないこと

では、どうすればいいか、対応すべきかですが、まずは否定的な言葉を言わないことです。
こんなものをなぜ残すのかとか昔はきれい好きだったのに信じられないなどの言葉はこの場合は人格否定につながります。

事実を言えばいいというものではなく、自分の親でもあるのでそこへの配慮は持つべきです。
相手への配慮があるのであればそのような言葉は出てきません。

逆にきれいな状況を維持できるように一緒に頑張ろうとか、ゴミが出にくいような配慮をしよう、もしくはたまに来てゴミ捨てを手伝うなどの声かけや提案が大事です。

意外と重要な部分は相手のこだわりがどこにあるのかをつかむことです。
ゴミ屋敷にする人は物へのこだわりが強い人であり、ゴミそのものが自分の分身のような状態になっていることがあります。

なぜゴミを捨てられるとその住人は怒るのかといえば自分の大切なものを勝手に捨ててしまうからです。
他人から見れば明らかなゴミでもその人からすれば財産です。

なので、ゴミとして扱うのではなく大事な財産として扱うことも必要です。
それは到底出来ないと家族の人が思うのであれば、業者に任せるなど第三者に関与してもらうことが求められます。

引用元:ゴミ屋敷・汚部屋片付け アークサービス【福岡・佐賀・熊本・山口】

車椅子

障害年金は種類があり永久認定ではありません

1.障害年金って何?どうやったらもらえるの?

年金の種類の中には障害年金というものがあり、普通の生活を送っている人のケースでは、あまり聞いたことが無いということも珍しいことではありません。
現在ではストレスを抱えている人が多いとされているように、サラリーマンとして仕事をしている人の中には長時間勤務によって後に精神に関する病気を発症してしまうことも目立ちます。

このケースではうつ病などが代表的な事例ですが、障害年金は身体障害の他、精神障害にも対応しているので、うつ病を発症した方でも受給資格を得ることができる可能性は十分にあります。

受給資格については定められた期間について年金を支払っていることが必要です。
過去1年間にわたって未納期間が無い方が該当していて、うつ病など精神的な障害については初診日から1年と6ヶ月が経過していることも条件にしています。

従って病気を発症してから直ぐに受給できるものではなく、必ず1年6ヶ月を待つことが必要です。
このタイミングで症状が出ている場合や、悪化している人の場合では、医師の診断書と申立書を準備して市役所の該当部署、若しくは年金事務所に相談することが必要です。

書類は予め用意されているので、その内容に従って記入していく方法です。

2.障害年金にも種類について

障害年金にも種類があり、会社員の方であれば厚生年金に加入していることになるので、1級と2級、3級という判断が行われます。
年金の支払いが国民年金の方であれば、基礎年金が該当しているので、この場合では1級と2級の2つに限定されています。

書類を集めるには初診日を確認することが必要とされていて、転院をしている方は最初に同じ病気で掛かった病院で認定書を発行してもらう必要があります。

病院が変わっていない方であれば、大きな問題はありませんが、診断書と申立書については制作にかなりの労力が必要とされることも事実です。
もしも本人だけで作る事が出来ない場合では、近隣で活動をしている障害年金に詳しい社労士事務所を利用すると、かなり簡単に書類を整えることはできます。

このような精神的な障害については原則として永久認定はありません。
多くのケースで受給期間は1年から3年、特に重傷な方であれば5年程度に限定されています。

そのため、期間が満期になると再び診断書を提出することが必要とされているので、もしも、その時に病気が緩和されていたり、治っている場合では社旗復帰を行うタイミングと考えることが一般的です。

3.厚生1級は月に20万円を大きく超えることも

受給額にも大きな違いはあります。
最も高いのは厚生1級になり、家族の加算を入れた場合では、月に20万円を大きく超えることも多いものです。

逆に単身者で厚生ではなく基礎2級の判断が下された場合では、月に約6万5千円程度の受給額に限定されています。
前提として病気を患ったことで仕事を継続することができない状態に陥った方が対象になりますが、厚生と基礎の両方共1級の場合では労働不可となることが基本です。

2級と3級についてはある程度の労働をしても問題がないというケースも見られ、実際にうつ病やその他の精神的な病でもA型作業所などを利用して毎月に一定の収入を得ている方が存在しています。

審査基準は非常に厳しいものがあり、特に近年ではうつ病患者が増加しているので、年々受給者の数が増えていることも実情です。
審査は以前は各都道府県で行われきた経緯がありますが、今では東京で一括審査に切り替っています。

この内容では以前は都道府県によって審査基準が曖昧な部分があり、甘い審査をする場所や、逆に本来であれば受給資格を持っているのに落されてしまったというような理不尽さを解消していることになります。

4.病院に定期的に通っていることが受給の前提になる

受給を継続するには病院に定期的に通っていることが前提です。
薬を処方されていない方は対象外になるので、自己流で治そうとせずに病院で治療を受けている方が対象になるというシステムです。

受給は2月に1度で偶数月の15日に指定した金融機関に振り込まれます。
もしも満期が来てしまい、再度診断書を提出する際には、最低でも3ヶ月の審査期間が必要とされています。

この期間については東京一元化によって長引いていることも事実になり、4か月を経過しても一向に通知が来ないという人も少なからず存在しています。
しかし、たとえ等級が落ちてしまったり、受給資格が無くなってしまったとしても、判断が明確になるまでの期間は振込みが行われるので、安心材料として覚えておくことが良い方法です。

初回の申請時には遡及という内容があることも障害年金の特徴です。
初診日から1年と6ヶ月が経過していることは最低条件になりますが、人によっては受給せずに何年も耐えてきたという人も存在しています。

このような方であれば、訴求を行うことができ、過去最大で5年間分まで遡ることができ、この額面は厚生と基礎で違いはありますが、最も低い基礎年金で考えた場合、過去5年間分の約400万円程度が最大で振り込まれることになり、生活基盤を作ることに役立ちます。

永久認定ではありませんが、一時的に生活を守る上では欠かせない制度です。

矢口社長監修!一度は行ってみたいお城について

▶️矢口敏和社長がお城の魅力を語る

昔からお城は観光スポットで有名で、それを見る事を目的にした海外観光ツアーや国内観光ツアーも人気があります。
そこで私が行った事のあるお城の中で、特にここだけは観光で一度は行っておきたい日本のお城をいくつか取り上げて魅力を紹介します。

※こちらも参照・・・矢口 敏和

1.姫路城

まずは、真っ白い外見が美しい世界遺産にも選ばれた姫路城をおすすめしたいです。
世界文化遺産の国宝姫路城は、平成5年に奈良県の法隆寺とともに日本初のユネスコの世界文化遺産に選ばれました。

世界文化遺産と言えば、エジプトのピラミッドとか中国の万里の長城とかフランスの壮大なベルサイユ宮殿などそうそうたる歴史的な建造物が名を連ねているのでそのすごさは分かって頂けると思います。

姫路城は1609年に建築された天守閣を中心として二の丸や三の丸などの建物の魅力もさることながら、城の城壁や庭園の美しさにも魅了されます。
姫路城の観光に行くと2015年頃からその日本の名城の美しさを観光したくて、外国人観光客が至る所に溢れかえっています。

JR姫路城駅の出口を出ると2キロぐらい先に姫路城の素晴らしい天守閣が見えます。

そこから城の入り口まで徒歩で20分ぐらい掛かるんですが、そこに至るまでの道にも嘗ての城下町の名残が至る所に残っていて、駅を出たところからすでに観光がスタートします。

入場口で見学料金を払ってから入るとそこには四季折々の木々がかなり奇麗に管理されている日本庭園があります。

春に行けば満開の桜に出会え、夏には青々と茂った緑が美しく、そして秋に行くと紅葉の紅葉が綺麗でこれだけでも十分観光する価値があるんですが、真っ白い天守閣や建物との合わさるとコントラストが本当に素晴らしくてその美しさに魅了されます。

一通り美しい日本庭園を楽しんだら、今度は美しく壮大な城壁を見ながら菱の門から入って行きます。

この姫路城の魅力は戦国時代に出来た城だけあって、まるで迷路のように行ったり来たり城の天守閣に向かったと思ったらまた遠ざかって坂を下ったりする独特な作りにもあります。

天守閣に繋がる石垣の至るところ鉄砲を撃つ三角形の穴の外側や内側の形の違いが見られたり、戦国時代好きにはたまらない見どころが満載です。

この城は歴史的に1度も戦に使われてないのですが、戦国時代好きの私は攻め手と守り手の気持ちになって、この城を落とすには相当苦労するんだろうなとイマジネーションを膨らませて見てました。

天守閣に着くころには、ちょっとしたハイキングコースを回って来たような疲労感があって、着いた時の達成感と満足感が味わえるのもこの城の魅力です。
そして天守閣は登れるようになっているので、そこの最上部にある展望台から一望できる城下町の景色を見られるのもこの城の魅力です。

2.江戸城

次におすすめしたい城は、日本の首都の中心の千代田区の皇居の敷地内にある、東京駅から徒歩10程度にある江戸城です。
江戸城はお堀も美しくて、そこの歩道をジョギングしているランナーが絶えず途切れる事なく走ってます。

そのお堀は自然が残っていて、春はカモいて秋冬には白鳥が優雅に泳いでいます。

江戸城の魅力は堀まわりから始まっていて、沢山の種類の木々が生い茂っていて、丸の内のビジネスビルや国会議事堂などの近代建設の中に、都会の風景の中にぽっかりと自然がある雰囲気が独特です。

この江戸城には平日と土曜に見学でる江戸城庭園と、予約しないと見学できない1時間程度の無料の観光コースがあります。
まず無料の観光コースを申し込みには、皇居見学の申し込みをして大体人気のある土曜日はすぐに埋まって、平日なら1か月前ぐらいで予約できます。

門から入場して始めに、今日の観光ツアーの説明を受けた後に、宮内庁の警察官から良かったら天皇家の菊のマークのお土産もどうぞとすすめられます。
私はもなかを買ってしまいましたが、菊のご紋のバックルのベルトが売られていて、このセンスは凄いと思ってビックリしました。

観光では皇居の建物の見学だけでなく、眼鏡橋などを普段は見られない箇所からじっくりと見学できて、江戸城の櫓門も見られます。
もう一つの無料見学コースは当日に申し込めば誰でも無料で見学できる江戸城の見学コースです。

こちらは数年前までは無かったテロ対策のため、見学前に持ち物チャックをされられるようになりました。
入り口も複数あってどの入り口も、門がかなり立派で門だけでも観光名所になりそうな歴史を感じます。

中に入ると姫路城の城壁の石よりもさらに大きくて立派な石垣があって、その大きさと壮大さに度肝をに抜かされます。
見学していると日本人よりも明らかにロシア人と中国人とヨーロッパ系の国の外国人観光客が溢れかえっています。

坂をのぼって行くと大奥跡地と書かれた芝生があり、天守閣は無いのですが天守閣のあった石垣をのぼると城内の素晴らしい景色が一望できます。
大奥のある跡地の大きさが遥かに天守閣を凌いで広い事を知る事が出来たり、富士見櫓という建造物の立派さもこの江戸城観光の魅力です。

環境に優しい企業!?朋和産業の特徴について

①地球環境に優しい企業の朋和産業の特徴とは

千葉県船橋市に本社を置く朋和産業株式会社は、お菓子や食品類などのパッケージ商品を製造販売している会社です。

お菓子や食品のパッケージと聞くと、メーカーが作っているなどのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

普段お子さんが食べているお菓子や食パン・加工品などのパッケージを朋和産業株式会社が手掛けており、その歴史は1962年(昭和37年)から始まったのです。

この会社の事業内容は、ホームページにはプラスティックフィルム・紙などによる軟包装資材の製造販売、販売促進ツールの企画・製造・販売、包装用機械の販売、これらに付随する一切の業務とあります。

販促ツールは企業が消費者などに対して無償で提供するノベルティーグッズなどであり、菓子類のパッケージだけでなく、お菓子を売る時に役立つ販売促進ツールにも対応可能な企業になるわけです。

②デザインの提案から製品の製造まで、一貫して執り行う事が出来る特徴を持つ

この会社は単なる印刷会社ではなく、デザインの提案から製品の製造まで、一貫して執り行う事が出来る特徴を持ちます。

パッケージデザインを作る制作会社は多くあるものの、それを自社工場内で生産まで行うとなると小さな制作会社では一貫して行うことが出来ません。

1社体制で行うメリットは、最短納期で試作品を作り出すことが出来る点などが挙げられます。

デザイン製作が完了になった後に、版下製作・刷版製作:印刷・製本と言う流れで行うことになりますが、デザイン製作段階が遅れてしまうと、後工程への影響を与えてしまう、別の会社にリレーする場合、納期が遅れてしまうと印刷機が空くまで待たされることも珍しくありません。

特に、印刷の分野は事前に印刷機を空けて待機する形が多く、入校と同時に試し刷りを行い、問題がなければ輪転機などの印刷機を回して印刷が行われる流れになります。

それ故に、入校が遅れることは致命傷に繋がることもあるわけです。

朋和産業株式会社の場合は、デザインを作り上げてから自社内で生産出来るなどからもスケジュール調整が可能になる、仮に入校のタイミングが遅れる場合でも、事前にスケジュール調整が社内で行われるため製品の完了のタイミングを換えずに済むなどの魅力も持ちます。

③顧客に満足して貰える商品の提供をしている

提案の中では実績を持つスタッフがプレゼンテーションを行い、ノウハウを利用して顧客に満足して貰える商品の提供をしてくれます。

プレゼンテーション後にはデザインデータを作成、このデータを基にして製版データと呼ぶ印刷機にセットする刷版の下データを作成します。

その後で刷版を作り印刷工程へと進む形になります。

さらに、フィルムなどに印刷を行っているなどからもラミネート加工が必要になりますが、こうした特殊加工技術もあるので1社体制でデザインの提案から製品製造までが実現出来ます。

所で、朋和産業株式会社は地球環境に優しい企業とも言われていますが、これは環境保全活動委積極的に行っているなどからも分かります。

④日常業務の中ではペーパーレス化を推進し、極力紙での保管を行わずに電子データでの保管を心掛けている

日常業務の中ではペーパーレス化を推進し、極力紙での保管を行わずに電子データでの保管を心掛けています。

企業の中には書類棚に膨大な量の紙ファイルが蓄積されている、必要な書類を探すのも時間と手間が掛かるなどは多いのではないでしょうか。

こうした書類は定期的に整理したいところですが、重要な書類が多いなどからも簡単に整理が出来ません。

書類は年数が長くなればなるほど量が増えて来る、その都度必要な書類や文書を探すのも時間や手間が掛かるわけです。

ペーパーレス化は紙を使わないだけでなく、目的の書類を探しやすく出来る効果も期待が出来ます。

パソコンで欲しい書類を検索するだけで画面上に必要な文書が表示されるようになる、業務の効率化にも役立ちます。

地球の資源は限りがあると言われています。

この資源も底をつき始めているなどとも言われているわけですが、残り少ない資源を守るためには何をすべきか、リサイクルを行って資源を使わずにモノ作りを進めるやり方が推奨されているわけです。

リサイクルと言っても、そのやり方は様々ですが、リサイクルをし易い形にすることが基本であり、日常の生活の中で行政が定めた分別法により、ごみを分けて回収所に持ち込むのが一般的になっています。

⑤原材料および副資材ロスを削減する、廃棄物リサイクルの推進など省資源化の推進

朋和産業株式会社の中では、原材料および副資材ロスを削減する、廃棄物リサイクルの推進など省資源化の推進を率先して行っており、モノ作りの中で排出される廃棄物を極力リサイクルすることが出来るような取り組みを行っています。

こうした背景からも地球環境に優しい企業の一つとも言えるのではないでしょうか。

ちなみに、朋和産業株式会社は今まで開封のしやすさを追求しながら、様々なオリジナルパッケージ開発を手掛けており、顧客のニーズに合う商品を提供し続けています。

身近なコンビニ店の中で販売が行われているおにぎりやサンドウィッチなどのパッケージも、こちらの会社が開発を行ったものも多くあります。

尚、開封のしやすさだけでなかう環境負荷を減らすための包材開発も取り組んでいるなど、地球環境に優しい企業なのです。

全保連とはどのようなものか

全保連とはどのような事をしているのか

全保連とは、アパートなどの賃貸物件を利用する際に入居者が家賃を滞納することがあります。

この場合に入居者の代わりに家賃の支払いを行い、その物件のオーナーの代理で滞納した分の取り立てをする保証会社であり、オーナーの立場で見れば収入が途絶える心配がないので安心できるものです。

しかし、入居者にしてみれば取り立てされてしまうので決して良いものとは言えず、悪い評判もあります。

あくまでも営利団体が行っているサービスで加入する義務はない

まず理解しておく必要があるのが、法律上は加入する義務はありません。

あくまでも営利団体が行っているサービスでしかないため断ることもできますが、オーナーの中にはアパートなどに入居するための条件に加入を必須にしていることもあるので、その場合は他の物件を探すことになります。

基本的には家賃を支払えなくなった場合の保証を行うものなので、これに加入しなくても保証人が用意できれば良い場合がありますが、逆に連帯保証人がいても加入を求められる場合もあります。

良い評判だけでないことを理解した上で、保証人を用意できないので入居するために加入するしかない、という状況になっていても、全保連から断られる場合もあるので注意が必要です。

滞納した家賃を立て替えるということは、その取立てに失敗すれば損になります。

加入には審査が行われるので落ちることがある

営利団体であるため避けなければならない状態であり、そもそも建て替えが必要な状況にならないことが望ましいため、加入には審査が行われるので落ちることがあります。

この基準ですが、一般的なサラリーマンのように安定した収入が得られており、家賃に対して十分な金額である、銀行や消費者金融から多額の借り入れをしていない、過去に支払いの延滞などのトラブルを起こしていない場合には落ちるものではないです。

実際の審査はそこまで厳しいものではなく、無職でなければ通ることが多いです。

これは金融機関ではないということが影響しています。

クレジットカードやローンの契約をする場合には過去に支払いを延滞したり、債務整理をした記録が個人信用情報機関に残っていれば、それを参照できるので信用を得ることができません。

この記録は誰でも自由に参照できるものではなく、資格が必要とされます。

そのため、金融機関ではない全保連は調べることができないので、トラブルの記録の残っているブラックの人であっても加入できます。

審査よりも注意が必要になるのが、自分自身が滞納せずに家賃を支払うことができるか、という点です。

全保連の評判の悪さになっているのが取り立ての強引さ

全保連の評判の悪さになっているのが取り立ての強引さであり、違法な行為こそされる心配はありませんが、それでも精神的に追い込まれるようなことは行われます。

とにかくすぐに回収しようとするので、滞納から半月程度、早い人では数日で督促の電話がかかってきたようなケースも存在します。

督促されてもうっかり忘れていたのではなく、お金がなくて払えないのであれば数日から半月で十分な金額を用意するのは難しいです。

この連絡は自宅だけではなく、勤務先にまで電話されるケースがあることも懸念事項です。

1か月以上支払えないでいると、自宅にまで訪問してきてインターホンを鳴らして手紙を置いていく、保証人にまで督促するなど取り立てが強引になり最終的には訴訟にまで発展します。

このように精神的に追い詰められたとしても、これらの行為は法律の範囲内で行われているので、不当な扱いを受けたと訴えを起こして止めさせることはできません。

そもそも家賃を支払えなくなった自分自身にも非があることを忘れないようにしましょう。

全保連は宣伝も行っているので、家賃を回収できずに損をする危険性を回避するため、オーナーの利用は進むことも十分に考えられます。

現実的には督促を甘くしているアパート経営などでは滞納者が出ることは決して珍しいことではなく、収益に影響する問題であるため保証会社へ加入しないと入居を認めない条件にすることは仕方のないことです。

なお、保証会社は他にもあるので、気に入らない場合は他社が利用できるところを探す、または不要になっているところにすると良いでしょう。

強引な取り立てがあると評判の悪い全保連ですが、理解しておくべきことはこれは家賃を対応した場合に発生する問題です。

毎月遅れることなく支払いを続けていれば督促される状況になることはありません。

つまり、一般的に家賃を払える人にしてみれば何も気にする必要のないことなので、あまり悪評を鵜呑みにして利用するべきではないと考えないようにしましょう。

オーナーが指定して加入を条件にしている場合も少なくないため、危険だと考えて利用を避けようとすると、契約できるアパートの数が狭まってしまうデメリットがあります。

取り立てが怖いので加入したくないと考えるのではなく、そもそも遅延を起こさないように計画的にお金を使い、何らかの要因で収入が途絶えてもしばらくは対処できるように貯金もしておくのが適切でしょう。

吉野氏のような俳優になるために必要なこと

吉野勝秀氏のような俳優というお仕事

世の中には数えきれない程の数の職業がありますが、多くの人が憧れる職業の一つに俳優があるのではないでしょうか。
華やかな芸能界で成功し、世の人々の注目を集める姿に自分もこうなりたいと憧れを持つ人も多いはずです。

ドラマや舞台に映画などで多くの人に感動や勇気を与えることも出来る職業ですので、やりがいもあります。
ただ、なりたいからといって誰もがなることが出来る職業ではありませんし、成功することが出来るものでもありません。

才能があることはもちろん、演技に対して真摯に努力し続けることが出来る人しか成功は手に入らないでしょう。
そして本気で目指すのならば、行動に出なくてはいけません。

俳優になるためには主に三つの方法があります。

【オーディションを受ける】

まず一つ目が、オーディションを受けるというものです。
映画やドラマなど、あらかじめ決まった役柄のオーディションであることがほとんどだと言えます。

けれど一般に大々的に公開されているオーディションというものは少なく、多くが芸能事務所に所属した上で受けるものが圧倒的多数です。
そのためまず、映画やドラマなどに出演するためのオーディションを受けるためには、芸能事務所に所属する必要があると言っても過言ではありません。

そのため芸能事務所に所属するためのオーディションが大切になります。
各芸能事務所では常に新人を募集していることが多いので、気になる事務所があればどんどん応募してみましょう。

【劇団に所属する】

二つ目は、劇団に所属するというものです。
劇団はテレビや映画という映像の世界ではなく、主に舞台を活躍の場にしたいと考えている人にはおすすめだと言えます。

劇団出身で映像の世界でも大活躍している俳優はたくさんいますので、演技の実力を身に付けるためにも良いでしょう。
演技の基礎から学ぶ事が出来るだけではなく、周囲と切磋琢磨することが出来る環境があります。

舞台で成功することが出来る実力があれば映像の政界でも勝負することは出来るでしょうから、演技の世界で仕事をし続けたいと強く望むのならば舞台からキャリアをスタートさせてみてもいいのではないでしょうか。

【養成所に入る】

三つ目は養成所に入る事です。
養成所は新聞の広告欄にも入所者を募集しているのを見掛けたことがある人も多いと思いますが、全国各地に存在しているため最も身近で夢に近付くことが出来る場所だと言えます。

自分が憧れる俳優が卒業生にいたり、有名な講師が指導してくれる養成所だったり、選ぶ基準は人それぞれですので、何を基準にするかは自分次第です。

養成所も演技の基礎から学ぶ事が出来ますので、演技することを仕事にしたいけれど全く未経験だと言う人には向いているでしょう。
そして芸能事務所や劇団、養成所に所属したからといって、誰もが厳しい演技の世界でデビューすることが出来て満足な収入を得ることが出来るとは限りません。

むしろそうした人々は、かなり限られた一握りの存在です。

吉野勝秀氏のような優れた俳優になるためにはどういった努力が必要なのか?

芸能事務所や劇団、養成所に所属後も努力し続けなければいけないことは言うまでもありませんが、具体的にはどのような努力が必要で大切なのでしょうか。

演技の世界で成功を目指す人は数えきれない程存在しますので、オーディションに一回や二回落ちたからと言って諦めるようでは成功を掴むことなど出来ません。

何回、何十回オーディションに落ちたとしても挑戦し続ける強い意志とモチベーションを持ち続けることが必要になってきます。
言うのは簡単ですが実際にそうすることは難しいので、心底演技が好きな人ではないと目指し続けることも難しいはずです。

そして人には無い個性や、見る人を惹きつける魅力を持っているかということは非常に大事です。
並み居るライバル達の中に埋もれてしまうような個性や演技力では、演技の世界で活躍することは出来ません。

個性的な脇役を演じることが出来る俳優が重宝されることは、ドラマや映画を観ていればよく分かる事です。
自分の個性や強みを認識し、そこを伸ばしていく努力が必要ですので、自己プロデュース力に長けていることも欠かせません。

【自分を客観的に見つめることが出来る能力】

自分を客観的に見つめることが出来る能力も大切になってきます。
演技とはただセリフを覚えて話すだけではなく、監督や演出家の指示に沿って自分なりの個性や解釈をして役を演じなければいけません。

役柄を通じて自分の人間性や知性、教養をもさらけ出す仕事だとも言えますので、日頃から演技に役立ちそうな文学や芸術に触れておくことも大切です。

俳優を目指し、一生の仕事にしたいと思うならば生活の全てが演技にプラスになるような生活を送ることを心掛けましょう。
そう考えると成功を掴む確率は非常に低く、大変な努力が必要となりますが、好きな事を仕事にすることが出来る職業でもあります。

成功を掴むことが出来れば、努力に見合った収入や名声も手に入る職業でもありますので、演技が何よりも好きで努力を惜しまないと言えるのならば、目指す価値は十分にあるでしょう。

出典:吉野勝秀

犬の飼育を始める前に確認すべきこと

犬の飼育を始めるには、準備と確認が必要

犬の飼育を家ですることは家族の了解や部屋の広さなどさえクリアすればそこまで難しいことではなく、一人暮らしの人でも簡単に飼うことができます。

もう1人の家族として受け入れているケースが目立っており、飼うことのハードルは今までに比べれば家族内では下がっていますが、それは家族の中での話であり、それ以外の人のことを考えると闇雲に検討し始めることは躊躇しないといけません。

万が一、犬の飼育を始めてから手放さざるを得ないことになれば、家族と強制的に別れるような感覚になり、精神面で取り返しがつかないことになります。

そうならないためにも確認が必要です。

犬の飼育が出来なくなるケース

まず確認しておきたいのは、犬の飼育が出来なくなるケースです。

よくあるのはペット禁止のマンションです。

バレないだろうと思って飼い出しても、案外すぐにバレてしまうものです。容赦なく鳴き声を出すのが動物であり、部屋の中であったとしても周囲の人は勘づきます。

また動物特有の匂いなどもあるので、早々にバレてしまうのがオチです。

特にペット禁止のところは、万が一その事実が発覚すれば更新が出来なくなる恐れが出てきます。

ペットと暮らすことはおろか、自分たちもそこから出ていかなくてはならなくなってしまうために、禁止されていればそれに従うしかありません。

家族がアレルギーを持っていることが発覚するケース

実は家族がアレルギーを持っていることが発覚するケースもあります。

花粉症に関する血液検査をすると他のアレルギーに関することも知ることができます。

すると動物に関するアレルギーの有無がわかり、犬アレルギーということになれば飼育することはほぼ不可能です。

アレルギーがあることで息苦しさを感じることもあり、なぜこのような息苦しさを感じるようになったのかわからない人もいるほどです。

血液検査を受けてその原因がわかってホッとする一方、そのことがきっかけでお別れすることも何とも忍びないものがあります。

事前にアレルギーがないかを確認することも大事な要素です。

これらのことは事前に調べればわかることで、しつけの問題やクレームの問題はその後に考えていけばいいことです。

どこで犬の飼育を行うかを検討しておく

次に検討しておきたいのはどこで犬の飼育を行うかです。

一戸建てであれば家の外という選択肢もありますが、マンションとなるとなかなかそういうわけにはいきません。

ゲージを購入してその中に入れることもそうですが、トイレの問題なども考える必要があります。

最初に場所をある程度決めておき、その中で検討していけば臨機応変な対応もできるようになります。

そこまでの計画性があってようやく暮らしやすい環境を整えられます。

どこでペットを調達するかも大事ですが、入手先によって気をつけるべきことが変わってくるのも事実です。

一般的なのはクーアンドリクなどのペットショップですが、その場合にはペット自身のコミュニケーション不足が問題になることがあります。

売り物として存在するため、大切に扱われているのは間違いありませんが、しつけを一からしていくような形になっていきます。

大切にわが子のように扱えるような家であれば大丈夫ですが、そうしたことがあまりできないようなところでは悪影響が出てしまうこともあります。

保証などがあるために、多少お金を出しても損をするようなことにはなりません。

動物愛護団体から譲り受けることもおすすめです。

理由は、去勢手術をしていることが多く、しつけに関する講習会に参加することが譲渡の条件になっていることがあるためです。

一方で犬の中には長年劣悪な環境で飼育され、そこから動物愛護団体に引き取られたような経験を持つ子もいます。

人に対する警戒心が強く、しつけに苦労がかかることもあります。

とはいえ、無料で引き取ることができる場合が多く、お金をできるだけかけずにペットを飼いたい場合にはおすすめです。

また、何匹も赤ちゃんが生まれて困っている一般家庭から譲り受けるケースもあります。

強制的に別れることになるのを防ぐために準備が必要

ここまでのことをして、ようやく迎え入れる態勢が整ったと言えます。

裏を返せば、そこまでの準備をしないといけないということです。

勢いで飼おうと思っても、結果的に困難な理由に直面して悲しい思いをすることもあります。

そんなことにはならないよう、何をすればいいかをあらかじめ調べて、1つずつクリアしていくことが必要です。

もちろんそれをクリアすればすべての問題が解決されるわけではありません。

今後飼い始めて色々な問題に直面します。

その際にも臨機応変な対応が必要になっていきます。

確認する必要があるのは不勉強なことによって強制的に別れることになるのを防ぐためです。

そうなってしまえば、子供であれば深い心の傷を負うことになってしまいます。

取り返しのつかない深い傷を負わせないためにも、大人が率先して調べることが大事です。

そして、自分の責任で飼う事ができるようにし、誰にも迷惑をかけずに飼い続けられれば最高であり、充実した生活を手に入れることができます。

全保連監修!家賃保証会社の仕組みを理解して正しく利用しよう

全保連が教えてくれる家賃保証の仕組み

契約に基づいて入居できる賃貸物件は、多くの人にとっての住まいです。
入居者は契約した通りの家賃を支払い、それに対して大家は賃貸物件の一部を使用する権利を与えます。

しかし、自分の財産であるアパートなどの賃貸物件に他人を住まわせることには大きなリスクが伴うので、これまではいざという時に代わりに支払ってくれる連帯保証人を用意する手間がありました。
ビジネスとして契約した入居者の家賃の支払いを保証する家賃保証会社を利用すれば、賃貸借契約において家族の協力を得られずとも連帯保証人に相当する備えを示せます。
大家族から少人数の家族への移り変わりによって、家賃保証サービスは急速に普及しているのです。

■大家にとって安心できるシステム

第三者が家賃を保証してくれることは、毎月の家賃収入を当てにしている大家にとって安心できます。
家賃の滞納は賃貸物件による不動産経営でネックになりやすい部分だから、入居者を募集している不動産会社で家賃保証会社の利用を勧めるのが一般的な光景となりました。

新たな入居者を紹介する不動産会社でも成約してくれた方が助かるので、大家の心証を良くするために家賃保証サービスの説明と斡旋を行っています。
家賃が未払いになったら契約に従って代わりに大家に支払う仕組みで、最終的には未払いとなった入居者へ立て替えた分を請求することで解決します。
大家の立場では必ず毎月の家賃が入ってくる上に、自分自身で請求しなくて済むから手間がかからないのが主なメリットです。

■連帯保証人を用意しなくても入居できる

入居を希望する人間が家賃保証サービスを利用すると、親族に頼んで連帯保証人を用意しなくても新居を見つけられます。
連帯保証人は契約をした本人と同等の扱いになるので、すぐに法的な根拠に基づいて請求されても抗弁しにくい立場です。

そのため、個人を尊重する現代社会では親族であってもなかなか連帯保証人になってくれないケースが増えており、まして家族でもない普通の友人ではリスクの高さから断れてしまいます。

家賃保証会社はまさにニーズから誕生したもので、特に独身のままで生活している方にとって必要不可欠なサービスです。
本人の経済力や人間性には問題はないが連帯保証人を用意できないことで入居審査を通らなかったという事例では、中立の立場にいる会社が契約によって家賃を保証するサービスが大きな効果を発揮します。

■所定の費用がかかるので前もって調べておく

便利な家賃保証ですが、利用時には所定の費用がかかります。
基本的に支払う家賃の一定割合になるので、物件探しで利用する場合にはどれぐらいの費用になるのかを予め計算しておきましょう。
予算ギリギリの家賃で新居を探すと、家賃保証の支払いでお金が不足してしまう可能性があるので注意しなければいけません。

入居を希望する賃貸物件の審査と同時に家賃保証会社からの審査も実施されるので、申し込む際には自分の個人信用情報にも注意しておくべきです。
過去に支払いを延滞していた等のマイナスの記録があると、その時点で家賃保証の契約ができない可能性が高くなります。

現在では家賃保証をスムーズにする目的で賃貸物件の入居者のデータベースが構築されているため、どこかの賃貸物件で未払いをしてしまった場合に完済からしばらくの間は入居審査で著しく不利になってしまう恐れがあるので要注意です。

■一方的に強引な取り立てをする等の問題点も・・・

必要に迫られて利用する機会が多い家賃保証は、具体的な事例と専門家による議論によって規制を行っています。
まだ未整備な部分が多いので、家賃保証会社が一方的に強引な取り立てをする等の問題点も報告されているのが実情です。

大家は家賃に相当する金額をどこかから徴収できれば満足であるものの、弁護士などの法律の専門家は滞納を1回しただけで予告もせずに鍵を付け替えられた等の被害を被った事例から入居者側の権利が軽視されている点を指摘しています。

法律による規制が不十分であることから倒産する家賃保証会社も出ているので、契約前に経営状態をチェックしておきましょう。
入居者が契約するサービスだから、家賃を保証してくれる会社の信用調査をできる範囲で行っておくのが鉄則です。
全保連などの会社については、インターネット上の検索によって利用者からの評判などの情報収集ができます。

■一部のクレジットカードに付帯している家賃保証サービス

関係者がすぐに納得してくれる家賃保証としては、一部のクレジットカードに付帯している家賃保証サービスを挙げられます。
不動産会社にある申込書でカード会社に審査を申し込み、無事にクレジットカードが発行された時点で入居審査も合格という流れです。

主に大手の信販会社が提供しており、カード払いによって毎月の家賃の回収を自動的に行える寸法となっています。
経営状態がよく分からない中小企業に比べて安定しているので、クレジットカードの審査を通る見込みがある方に効果的な手段です。
家賃保証サービスのみを提供している会社の選び方については、賃貸物件を紹介してくれる不動産会社が指定したところで家賃保証をしてもらうのが通常の対応になります。

出典:全保連の審査、保証料について